MapServerのご紹介

MapServerとは

MapServerは、オープンソースの(無料で一定の条件の元に提供される)GISです。GIS(地理情報システム)とは、地図を表示・操作・印刷したり、地理的な計算・集計などを行なったり、地図上にデータやファイルなどを紐付けることができるしくみです。MapServerはこうしたGISの中でもWebGISと呼ばれるもので、ブラウザ(InternetExplorerなどのインターネット閲覧ソフト)上で地図アプリを利用できるようにするサーバソフトウェアです。
MapServerは1990年台なかばにNASAの支援によりミネソタ大学ツインシティ校で開発されました。現在ではオープンソースの地理空間ソフトウェア研究・構築を支援する国際的な団体、OSGeo財団のプロジェクトのひとつとして、世界各地の技術者の手により日々メンテナンスされています(OSGeo財団の日本支部はこちら

MapServerのメリット

MapServerは無料で誰でも利用でき、一定の条件のもとで改修・改変ができます。つまり、初期整備時・運用時の際の購入費・ライセンス料などが一切無料です。
また、世界中で実績があるソフトウェアのため、参考文書や資料、機能追加ソフトやサンプルデータ等が豊富に存在しています。技術者はこれらを参考にしながら非常に低コストで地図アプリケーションを開発することができるようになっています。
そしてMapServerはマルチプラットフォームを強調しており、Windows・Linux等のOSを問わずに利用できます。さらに、ESRI SHAPE形式・MapInfo TAB形式をはじめとする複数のGISフォーマットに対応しているため、他のGISソフトとの連携も可能です。

当社のMapServerソリューション

人口集計機能(矩形・円・自由範囲等で集計可能) 主題図描画(データによる塗り分け)機能

MapServerの導入・運用支援

当社では、MapServerのインストール(ソースファイルからのコンパイル)から、基本的機能を備えた操作画面の設置、そして地図データの変換・実装・調整作業まで含めて、パッケージとして提供いたします。また、長年に渡る各種GISアプリケーション開発・地理データ処理の経験を背景に、お客様の保有する地図データを最適な形式でシステムに組み込むためのご提案をさせていただきます。

操作機能のカスタマイズ

オープンソースの操作系画面(p.mapper)をベースとし、お客様のご要望やご事情に応じた操作画面のカスタマイズを行います。あらゆる機能を網羅するのではなく、必要な機能にだけ絞り込んで、お客様のカラーにあったデザインとともにお届けします。

独自拡張機能

重みを考慮しない経路検索結果 重みを考慮した最適な経路検索結果

オープンソースの経路検索エンジン「pgRouting」を拡張し、【重みをもたせた経路検索】が可能なプラグインを開発しました。例えば、学校関連のGISであれば通学路を優先して検索したり、災害避難用には津波浸水予想地域を避けて経路作成する、といったことが非常に簡単に行えます。
また、住宅や街区に数値データを入れ込み、地図上でマウスで範囲指定することにより集計・統計処理することができるプラグインを実用化しています。

MapServerに関するお問い合わせ

MapServerに関するお問い合せは当社IT事業部までお願いいたします。

日本データーサービス株式会社 IT事業部
電話: 011-780-1133 (部署直通)
FAX: 011-780-1132
Webからのお問い合わせはこちらからどうぞ