防災部門

業務内容

防災計画

災害発生に備えた事前準備である防災計画、災害発生時に迅速かつ確実な職員対応による被害拡大の軽減、早急復旧を目的とした防災計画に基づく各種マニュアルについて、企画段階から運用、改善方策の提案、見直しを行います。

1. 道路管理者向け津波対応マニュアル作成支援検討
2. 行政機関向け防災計画に基づく防災対応マニュアル作成支援検討
3. 行政機関向けBCPに基づく防災対応マニュアル作成支援検討
4. 地域防災計画、津波ハザードマップ作成支援検討

危機管理検討

災害発生時における社会的影響や人的被害の最小限化を目的とした、行政機関の災害体制及び対応の検証に向けた、図上訓練(DIG、RP、防災グループワーク)の企画、実施補助、PDCAサイクルに基づく評価を総合的に行います。

1. 大規模災害(地震・津波・大雨等)を想定したロールプレイング方式による危機管理支援検討
2. 防災グループワーク及びDIG方式による危機管理支援検討
3. 各種災害を想定した関係機関との連携による実働訓練支援検討

※DIG:災害発生状況を想定した上で、災害対応や手順等をグループ内で討議(ゲーム感覚)し、確認する簡易型図上訓練手法(Disaster(災害)、Imagination(想像力)、Game(ゲーム)の略称)
※RP:実際の災害に近い場面を想定し、様々な方法で条件付与される災害状況に対し、演習者であるプレイヤーにそれぞれの立場・役割での情報収集及び状況判断を求める模擬訓練手法
※防災グループワーク:災害発生状況を想定し、従来の手順では対応できない簡単な状況を付与した上で、グループ内で具体的な災害対応及び手順を確認する討論型図上訓練手法

地域防災支援

平時からの関係機関や団体、地域住民等による災害に強い地域社会の形成を目的とした、連携による防災体制の構築に向けた検討及び支援を行います。

1. 関係機関や団体の連携による津波防災計画の運営支援検討
2. 道路・河川・港湾防災連絡協議会等に関する運営支援検討

業務事例

防災計画

職員の迅速かつ確実な災害対応を目的として、対象地域で甚大な被害が想定される災害と地域特性を踏まえ、各対応者の時間軸に沿った行動すべき事項とフローを用いて手順を整理した災害時行動マニュアルの作成支援を行っています。また、作成したマニュアルは、より実効性を高めるために検証訓練企画、実施補助、課題及び問題点の抽出、見直しまでをPDCAサイクルに基づく対応によって完成させています。

災害時行動マニュアルの作成事例

PDCAサイクルに基づく訓練企画から見直しまでの流れ

危機管理検討

発注機関における過去の防災対応上の課題や問題点、教訓、打合せ結果から、訓練で対象とすべきフェーズ、対応すべき事項、検証すべき事項を設定した訓練シナリオ、検証ポイントの作成、支援、課題抽出、改善策の提案を行い、災害対応能力の向上へ寄与しています。

図上訓練(DIG形式)の実施状況

地域防災支援

道路災害の防止及び災害発生時の被害拡大を防止するため、地域住民、地方自治体及び関係機関が相互に連携を図り、道路における地域防災パートナーシップの構築を図り、道路防災の推進を行うことを目的とする、道路防災連絡協議会等の企画、資料作成、運営支援を行っています。

道路防災連絡協議会の実施状況

 

 

 

recommend

  • さっぽろエコメンバー

about us

Nippon Data Service Co.,Ltd. 065-0016 1-14, Kita16 Higashi19, Higashi-ku, Sapporo-city, Hokkaido, JAPAN. Tel:+81-11-780-1111 FAX:+81-11-780-1123 This site is only available in Japanese.

Our profile in Japanese text »