NDS 日本データーサービス株式会社 - 計画調査部の概要

計画調査部の概要

 

 交通政策を取り巻く状況は大きく変化してきています。

 人口減少や少子高齢化、多発する自然災害への対応、コンパクト・プラス・ネットワークを推進するまちづくりと一体となった交通政策の立案、さらには存続が危ぶまれる地域公共交通計画や、急増する観光交通への対応など、近年の交通計画が抱える課題は様々であります。

 また、自動運転の社会実装やMaaS(Mobility as a Service)の導入、IoTの推進など、日本の新しい交通サービスの実現に向けた動きも始まりました。

 計画調査部では多様化するニーズやシーズに対して、きめ細かな実態調査やビッグデータを用いた分析や地域住民や交通利用者の意向把握、費用便益分析などによる整備効果の検証など、高度な技術力と工学的なアプローチ、さらには豊富な経験と実績から地域にあった交通政策の総合コンサルティングに取り組んでいます。

 

道路・交通計画・調査・解析、経済分析をお手伝いします。~交通計画・道路系の業務内容

・交通計画の策定(交通量推計、道路・交通施設整備計画、マスタープラン策定など)

・交通実態調査の実施とデータ分析(交通量・渋滞長・旅行速度調査、ビッグデータを活用した交通実態の解析、物流・観光流動調査など)

・交通課題への対応(交通円滑化、渋滞対策、交通事故対策など)

・公共交通の計画検討(地域公共交通網形成計画・再編実施計画の検討・策定など)

・自動運転技術の普及支援・検証(実証実験の実施、関連施策の検討など)

・整備効果の検討、事業評価(費用便益の算出、整備効果の検討、事業評価など)

 

〇トピック:北海道新幹線開業に合わせた、観光振興の取り組みを支援しています。

〇トピック:高齢化社会に対応した、生活交通の取り組みを支援しています。